ファッション感覚で入れたタトゥーは、いつしか後悔の対象になることも
傷跡を残さず、可能なかぎり元通りの肌に近づけます

近年は、体の一部にワンポイントのタトゥーを、ファッション感覚で入れる方がたくさんいらっしゃいます。
とはいえ、タトゥーはそのデザインの大きさに関わらず、生活のさまざまな場面で支障をきたすもの。軽い気持ちで入れたタトゥーに後悔する方は少なくありません。

 

一度入れたタトゥーでも除去することは可能です。気になる方はぜひ一度、当クリニックまでお越しください。

タトゥー除去の治療方法

表示金額はすべて税抜価格です

  • レーザー 

    波長の異なる2種類のレーザーを照射することで、タトゥーを薄くする治療法です。施術中は軽く輪ゴムで弾いたような痛みを感じます。
    繰り返し照射することで、タトゥーを徐々に目立たなくします。薄く小さなタトゥーであれば1回の施術で目立たなくなることも。肌に傷跡を残さずタトゥーを除去したい方におすすめです。

     

    こんなお悩みや状態の方にオススメ

    タトゥーを消したい

    レーザーの詳細と料金を見る
  • 切除縫縮 

    タトゥーのある部分の皮膚を切除し、縫って1本の傷跡にする治療法です。肌に傷跡が残りますが、すぐにタトゥーを消したい方に向いています。大きなタトゥーでは、施術が難しい場合もございます。

    こんなお悩みや状態の方にオススメ

    タトゥーを消したい

    切除縫縮の詳細と料金を見る

タトゥーに関するお悩みの対策

タトゥーが入っていることによる代表的なトラブルとして、銭湯やプールへの利用を断られるということがあります。
そのほか、タトゥー=怖いという先入観から人間関係が上手くいかない、タトゥーを隠したいという気持ちから夏でも長袖を着なければならないなど、日常生活にも大きな支障が。

 

さらに結婚を考える年齢になった頃、タトゥーが入っていることを理由に相手方の両親から結婚を反対されることもあれば、就職できる会社も限られてくることも実際にあり得るのです。

 

軽い気持ちで入れたタトゥーによって、人生のさまざまな場面で壁にぶつかれば、当時の自分の行いを激しく後悔することでしょう。医療機関での適切な処置により、タトゥーを除去することもご検討ください。

西宮SHUHEI美容クリニックのタトゥー除去治療の特徴

タトゥー除去のお悩みに役立つコラム

「タトゥー除去」に関する役立つ情報を配信中です