ふとした瞬間、目につくムダ毛。
カミソリによる肌荒れなど肌の負担も悩みのタネ
医療脱毛で自己処理のいらないツルツルの素肌を手に入れましょう

脇や腕、足など全身の至るところに生えるムダ毛。どんなにスタイルがよくても、ムダ毛の処理がおろそかだと魅力が半減してしまうものです。
エステ脱毛に通った経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、思ったようにムダ毛が減らなかったり、一定の期間が経つとまた生えてきてしまったりと、すっきりムダ毛がなくならないことも少なくありません。

 

ムダ毛の自己処理は、思わぬ肌トラブルの引き起こすことも。自己処理の手間から解放されたいなら、ぜひ一度当クリニックへお越しください。

医療脱毛の治療方法

表示金額はすべて税抜価格です

  • 医療脱毛 

    当クリニックの医療脱毛には、高い効果が期待できるトリズムという機械を導入しています。

    レーザー脱毛機には「レキサンドライト」「ダイオード」「ヤグ」という3種類があり、それぞれ照射するレーザーの波長が異なります。各波長にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、トリズムにはこの3種類の波長をすべて有するバランスの取れたレーザー脱毛機です。

    脱毛効果に加え、美肌へと導く作用も期待できるというメリットも。

    色白の方から色黒の方まで、どなたでも施術を受けていただけるとともに、産毛や色素の薄いムダ毛にもまんべんなく脱毛効果を与えます。

     

    医療脱毛の詳細と料金を見る

ムダ毛に関するお悩みの対策

夏場の薄着になる時期や、温泉に入浴する際など、人前で肌を見せる機会にムダ毛の存在は非常に気になります。しっかり自己処理を行ったはずでも、処理が行き届いていない箇所を見つけると気持ちも沈んでしまうものです。

 

家庭でできるムダ毛の処理法として一般的なのが、カミソリでの剃毛や、脱毛クリームでムダ毛を溶かして除去する方法ではないでしょうか。これらは手軽にできますが、肌への負担も大きくなりがち。自己処理後のケアを怠ると、思わぬトラブルを招くことも。

 

きちんとケアを行わないでムダ毛の自己処理を継続していると、肌や毛穴にはダメージが蓄積していきます。ムダ毛の自己処理は肌に負担をかけるもの認識を改めるとともに、なるべく肌を労りながらムダ毛処理を行いましょう。

ムダ毛処理で起こりがちなトラブル

  • 埋没毛

    毛がうまく生えてこず、毛穴の中で伸びてしまっている状態をさします。カミソリでの剃毛や、毛抜きでムダ毛を抜いたあとなどに起こりがちです。黒いブツブツになって目立ったり、無理に抜こうとして肌を傷つけたりと、ほかのトラブルを引き起こすことも。

  • 肌荒れ

    カミソリや脱毛クリームの使用後は、肌の表面が非常に荒れている状態です。カミソリ負けとなって炎症を引き起こすこともあれば、乾燥しかゆみを生じることも。さまざまな肌トラブルの引き金にもなり得るため、保湿ケアを重点的に行いましょう。

  • 色素沈着

    ムダ毛の自己処理による刺激で、皮膚の奥でメラニン色素が活性化されることで起こるトラブルです。脇や足などに多く見られがちです。その部位が全体的に黒ずむこともあれば、毛穴の部分がポツポツと茶褐色になることもあります。

  • 毛嚢炎

    毛抜きでムダ毛を抜くなど毛穴にダメージを与える方法でムダ毛の自己処理を行うと、毛穴が炎症を起こし、毛嚢炎を発症する場合があります。原因は毛穴に入った細菌です。熱を持った赤い発疹ができ、ときに膿が出るほど悪化することもあります。

西宮SHUHEI美容クリニックの医療脱毛治療の特徴

医療脱毛のお悩みに役立つコラム

「医療脱毛」に関する役立つ情報を配信中です