ご質問回答⭐️56 ニキビ痕治療

院長ブログ
ご質問回答⭐️56 ニキビ痕治療

ニキビ跡もひどいです。

早く治したいのですが、どうすればよいでしょうか?

神戸市在住 30代 女性

 

初めまして。

西宮SHUHEI美容クリニック院長の山本周平です。

 

ニキビ跡でお悩みなのですね。

 

頑固なニキビ痕は保険治療薬で治すことは難しく、保険外での積極的な治療が非常に有効な場合が多いです。

 

ニキビ跡で多いのが、クレーター状になった傷跡です。

こちらに対する治療は、皮膚の大改修工事を行うような治療が必要になってきます。

それが可能なのが、

ダーマペン

という治療です。

当院のダーマペンは最新のダーマペン4という機械を使用しておりますが、このダーマペン4は11本のごく微細な針を使用して何万回とあえてお肌に針穴を作ります。

この作用については、昔からあるCO2フラクショナルレーザーや最近のピコフラクショナルレーザー治療をはるかに凌ぎます。

この針穴をあえて作ることによって、皮膚が活性化し、皮膚の治癒力によってお肌が綺麗な状態へと修復されていくのです。

 

ダーマペンと併用することが良いのは

コラーゲンピーリング(マッサージピール)

 

この治療は、皮膚の奥にお薬が浸透して、皮膚の中のヒアルロン酸やコラーゲンを増やしてくれて、ダーマペンと併用することでよりダーマペンの皮膚再生効果をより高めてくれます。

 

さらに、仕上げに

高濃度プロテオグリカン入りパック

の使用。

これによってダーマペンのダウンタイムを最小限にしてくれるだけでなく、ダーマペンやコラーゲンピーリングの効果を最大限に引き出してくれます。

 

 

ニキビ跡で次に多いのは、ニキビが落ち着いた後の赤み

ニキビ跡の赤みには

フォトフェイシャル のアクネモード治療が最適です。

 

さらに、仕上げに炎症や赤みを抑え、肌荒れの原因となる乾燥を改善することができる

イオン導入

を併用することで赤みに対してフォトフェイシャル と相乗効果をもたらしてくれます。

 

ニキビ跡の治療は頑固で、難しく、諦めている方も多いかと思いますが、

これらの治療法によって、長年お悩みのニキビ跡がどんどん改善していきます。

 

 

おすすめ記事

ブログ一覧へ