目元の筋力不足が原因で目が開きにくいなら、切らない眼瞼下垂術がおすすめ
目の開閉を極細の糸でサポート。目力アップにも効果的

切らない眼瞼下垂術は、上まぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋を極細な糸で縫い、固定することで、目を開きやすくさせる治療法です。メスを入れないため腫れが少なく、ダウンタイムもほぼありません。目力をアップさせたいときに効果的です。

切らない眼瞼下垂術の作用と効果の現れ方

切らない眼瞼下垂術は、目を開けるとき無意識に眉毛を上げてしまう、黒目がまぶたに重なっている、二重なのに目力が弱く感じるといった、さまざまなお悩みに有効です。上まぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋が生まれつき弱い方はもちろん、加齢による筋力の衰えを感じる方にも効果を現します。
目の開きに関するお悩みがあれば、切らない眼瞼下垂術の適応かもしれません。
施術には極細な糸を用い、眼瞼挙筋を縫い、固定することで、目を開閉するときの動きをサポート。まぶたを切開しないため傷跡が残らず、施術後に腫れる心配も少ないため、仕事や家庭のご事情で休むことが難しい場合にも安心です。

 

切らない眼瞼下垂術の対象となるお悩み

切らない眼瞼下垂術の症例

切らない眼瞼下垂術の料金

表示金額はすべて税抜価格です

  • 施術内容:切らない眼瞼下垂術

    モニター価格
    102,400
    通常価格
    128,000

切らない眼瞼下垂術の治療概要と注意事項

施術時間

約15分

効果の持続期間

約5年

ダウンタイム

ほとんどありませんが、腫れた場合、約1週間かかる場合もあります。

施術後について

施術後48時間はコンタクトの使用を控えてください。
数日間の飲酒、喫煙、激しい運動はご遠慮ください。
手術当日は安全のため車の運転はお控えください。

リスク・副作用

二重のラインの乱れ、眩しく感じる、内出血、充血、目のゴロツキ、感染、仕上がりの左右差

 

ご不明点やご不安なこと、または気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

西宮SHUHEI美容クリニックの切らない眼瞼下垂術治療の特徴

切らない眼瞼下垂術へのよくあるご質問

切らない眼瞼下垂術のメリットはなんですか?施術後、まぶたは腫れないのでしょうか?

まぶたにメスを入れずに治療できるため、ダウンタイムがほぼないことがメリットです。
施術後のまぶたの腫れに関しては、切開を伴う眼瞼下垂術と比較すれば少なくなります。
腫れに関しては個人差がある部分です。なお、腫れてしまった場合は1週間程度で引いてきます。

みなさまのお体の状態や目的により、最適な治療方法をご提案いたします。
治療の前はどうしても不安なことも多いと思いますが、
みなさまの疑問にひとつひとつ丁寧にお答えいたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

モニター募集

西宮SHUHEI美容クリニックではモニターを募集しています。ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
※モニターに関しては審査基準があります